なぜ黒酢にんにくが 便秘に効果的なのか

なぜ黒酢にんにくが 便秘に効果的なのか

便秘になる原因と種類

なかなか便が出ない、お腹が張る、残便感がある。もしかしたらそれは便秘かもしれません。一般的に、3日以上便が出ない場合は便秘といわれており、また毎日便が出ていても、残便感やコロコロした便しか出ない場合、便秘と判断されます。要するに、スッキリしない状態を便秘といいます。

便秘にはいくつかの種類があるため、それによって原因や解消法なども異なるでしょう。種類は、大きく分けると2種類。『機能性便秘』と『器質性便秘』になります。機能性便秘は、急性便秘と慢性便秘に分けられますが、ほとんどの場合、腸の動きが低下し、鈍くなることで起こるといわれています。多くの人がなる便秘は、この機能性便秘が原因になります。器質性便秘は、消化器官の疾患が原因で起こる便秘です。炎症や潰瘍などができていることで起こりやすいですが、大腸がんの可能性もあり、非常に危険です。また便が出ないだけでなく、吐き気や腰痛などを引き起こすため、普通の便秘と症状が異なります。違和感があれば、すぐに受診してください。

ちなみに機能性便秘のセルフチェックは、おならが臭い、水分摂取が少ない、運動不足、ダイエット中、ストレス、排便がすっきりしないなどが挙げられます。また急性便秘の場合、月経中前でも起こります。そのため、女性は生理前や生理中に便秘になることは少なくありません。

黒酢にんにくが効果的な理由

便秘解消に効果的なのが黒酢にんにくです。なぜ黒酢にんにくが便秘解消に良いのかというと、黒酢とにんにくに含まれている成分が関係しています。黒酢には、豊富なアミノ酸やクエン酸が含まれており、これらは通常の酢より4倍以上。また黒酢は玄米から作られているため、玄米に含まれているビタミンB群も豊富です。アミノ酸・クエン酸などが腸内環境を整え、善玉菌を活発にすることで、便秘を解消するといわれています。

一方でにんにくには豊富な水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、水分の多い食物繊維のことで、腸内に溜まった老廃物を吸着し外へ排出する働きがあります。また善玉菌を増やす効果もあるので、便秘解消に効果的なのでしょう。

そんな黒酢とにんにくが合わさると、便秘解消の効果もパワーアップ。便秘に効果的といわれるのも納得です。

おすすめのサプリメント

黒酢にんにくは、サプリメントで手軽に摂ることができます。いろんな商品がありますが、おすすめは『三黒の美酢』『サントリー黒酢にんにく』。どちらも黒酢もろみを使用し、たっぷりの国産にんにくを使用しています。

三黒の美酢の特徴は、有機玄米の黒酢もろみを使用していることと、1リットルあたり10g程度しか取れないという非常に貴重な黒酢になります。宮崎綾町ということで、国産なのも安心。にんにくは、完熟黒にんにくを使用しています。真っ黒になるまで完熟発酵させた黒にんにくは、他社のサプリメントより栄養価値も高いでしょう。

サントリー黒酢にんにくは、伝統製法と天然の湧水で作られた黒酢の壺底から取れる黒酢もろみを使用しています。にんにくは、一流料理人も絶賛するものを。さらに、酢の酸味やにんにくのニオイもカットしているので、飲みやすく黒酢やにんにくが苦手な人でも安心して摂ることができるでしょう。

手作り黒酢にんにく

黒酢にんにくは、手作りすることもできます。材料は、にんにく1房・黒酢200ml。黒酢にんにくを入れる密閉容器も用意しておきましょう。にんにくは1片ずつ小分けにし、皮をむきます。黒酢は、にんにく1房に200mlの割合で使用します。ですから、にんにくを2房使う場合は400mlの黒酢を準備しておきましょう。

消毒した容器ににんにくと黒酢を入れ、じっくり熟成させます。冷蔵庫は避け、直射日光の当たらない、風通しの良いところに約2週間保管したら完成です。にんにくの皮を剥く前に、電子レンジで加熱(1分~1分半)しておくと、皮が剥きやすくなります。また2~3日のペースで混ぜることをおすすめします。

黒酢にんにくが便秘に効果的?

黒酢に含まれる成分

黒酢には、アミノ酸が多く含まれています。アミノ酸には過酸化脂質と悪玉菌を抑える働きがあり、新陳代謝を高めます。そもそも便秘は食物繊維不足や悪玉菌の増加、蠕動運動が低下していることで起こりますから、黒酢に含まれているアミノ酸で、排便をスムーズにしてくれるのでしょう。ちなみに、アミノ酸に含まれているアルブミンと呼ばれる成分が、腸内に溜まった老廃物を排出してくれます。

もちろん、アミノ酸だけではありません。黒酢に含まれているクエン酸も、腸内でガスを発生させ腸の動きを活発にしてくれます。これらが、頑固な便秘を解消してくれるのでしょう。

酢の香りも関係している?

実は、黒酢特有の香りも、便秘解消に繋がるといわれています。ツーンとくるあの香りが消化器官を刺激し、食欲を増進、消化吸収を高めます。そして強力な殺菌作用によって、腸内環境を整え便意を促してくれます。これは黒酢に限ったことではありませんが、黒酢の便秘解消に良い成分と合わさることで、より頑固な便秘を解消してくれるのでしょう。

ただ酢の匂いを苦手と感じる方も少なくありません。この場合、黒酢を直接摂取するのは難しくなります。近年はさまざまなサプリメントが出ているので、こちらのほうで摂取してみると良いでしょう。

にんにくは水溶性食物繊維が豊富

にんにくというと殺菌作用が強いことで知られていますが、実は水溶性食物繊維が豊富に含まれているのはご存知ですか?水溶性食物繊維は、便秘解消に非常に役立つ成分で、固くなった便を柔らかくする効果があります。また腸内をクリーンにしてくれる働きがあるので、溜まった老廃物を外へスムーズに排出してくれるようになります。要するに、にんにくには非常に高いデトックス効果があるのです。そのため、頑固な便秘もスッキリ解消できるのでしょう。

黒酢とにんにくが合わさった黒酢にんにくは、Wの効果を実感することができます。便秘で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

黒酢にんにくに含まれている成分が便秘を解消する

水溶性食物繊維が腸内環境を綺麗に

黒酢にんにくで使われているにんにくには、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が便秘解消に良いのはご存知の方が多いでしょうが、にんにくに多く含まれているのは水分の多い水溶性食物繊維。水に溶けるとゲル状になるのが特徴で、糖質の消化と吸収を抑え血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。

にんにくにはこの水溶性食物繊維が豊富に含まれているということで、腸内に溜まった余分なものを吸着し外へ排出します。そのため、頑固な便秘もすっきり解消してくれるのでしょう。

ただ便の状態によっては水溶性食物繊維がマイナスになる場合もあります。水溶性食物繊維の他に不溶性食物繊維もありますが、不溶性食物繊維は水分が少なく、便の水分まで吸収してしまいます。そのため、軟便には効果的ですが、固くなってしまった便には不向き。逆に軟便の場合、水溶性食物繊維だとより柔らかくしてしまう可能性があるでしょう。

クエン酸が蠕動運動を活発に

黒酢にんにくの黒酢、いわゆる酢にはクエン酸が多く含まれています。クエン酸には疲労を回復し、腸の蠕動運動を促す働きがありますが、同時に便秘を解消する効果もあります。また腸内に溜まった悪玉菌も殺してくれるため、腸内環境を整えるのにも役立つでしょう。

他にも、血流の改善や殺菌、高血圧の予防、食欲増進などさまざまな効果が期待できます。

アリシンの殺菌作用で悪玉菌を抑える

アリシンは、にんにくに含まれている成分です。にんにくの香りは、アリシンによるもの。強い殺菌作用があり、悪玉菌の活動を抑える働きがあります。強い刺激があるため、胃腸が弱い方はお腹を壊してしまう恐れもありますが、頑固な便秘には非常に最適な成分といえます。にんにくには整腸作用があるといわれていますが、上手に摂取すれば頑固な便秘もスッキリ解消してくれるでしょう。

黒酢にんにくは、そんな2つの効果を併せ持つ、便秘で悩んでいる方に嬉しい商品です。黒酢とにんにく、それぞれを摂取するのも良いですが、2つまとめて摂れるサプリメントは継続しやすいでしょう。

便秘解消におすすめの黒酢にんにく3選

三黒の美酢

黒酢とにんにくがバランス良く含まれている『三黒の美酢』。黒酢は、黒酢もろみの部分だけを使用しており、とても贅沢なサプリメントです。にんにくは無農薬で完熟発酵された黒にんにくを使用しており、他にも有精卵黄油やDHA・EPAなどたっぷりの栄養素が含まれています。すべて九州産の国産サプリメントなので、安心して飲めるのも嬉しいところでしょう。

ちなみに、黒酢にんにくのサプリメントを選ぶ特に注目したいのは”黒酢”です。いろんな商品があるので、必ずしもすべての黒酢にんにくが同じような成分を使っているわけではありません。ベストなのは、”黒酢もろみ”を使用していること。三黒の美酢は、それをしっかりクリアしているのでホンモノの黒酢にんにくサプリメントといえます。

サントリー黒酢にんにく

三黒の美酢と同じで、黒酢もろみを使用し、国内産のにんにくをふんだんに使っている『サントリー黒酢にんにく』。サントリーの製品ということだけで信頼性が高いですが、さらに鹿児島坂元醸造の黒酢もろみと福地ホワイト六片のにんにくで品質は確かといえるでしょう。

黒酢にんにくサプリメントにもいろんな種類がありますが、酢特有のすっぱさはなく、にんにくのニオイもしっかりカットされています。ですから、酸味とニオイが気になる方でも安心して摂ることができるでしょう。

にんにく黒酢烏骨鶏卵黄油

他の黒酢にんにくサプリメントに比べるとにんにくの量は少ないですが、黒酢は黒酢もろみを使用しているので安心です。にんにくも、青森県産のものを使っていますから、安全性も高いでしょう。またにんにく黒酢烏骨鶏卵黄油は、1日1粒でOK。飲み忘れもなく、続けやすいのも魅力のひとつです。

ちなみに、黒酢もろみ・にんにく以外では、烏骨鶏卵黄油や紅参が含まれて、烏骨鶏卵黄油にはビタミンEを豊富に含んでいます。年に50個程度しか産卵しない貴重な卵を、じっくり時間をかけて作った卵黄油が烏骨鶏卵黄油になります。紅参は人参サポニンを含み、血の巡りを良くする効果があります。

便秘になる原因と解消法

なぜ便秘になるのか

食べたものをきちんと排出できず、腸内に老廃物が溜まった状態を便秘といいます。なかなか便が出ないだけでなく、スッキリと便が出ない状態も便秘になり、お腹が張る・お腹が痛くなるなどの症状を引き起こす場合があります。

一般的に、便秘といわれるのは週の排便の回数が3回未満。健康であれば毎日排便がありますが、週に1~2回しか出ない場合、確実に便秘といって良いでしょう。もちろん、先にも述べたようにたとえ便が出ても排便時に不快感があれば便秘に含まれます。また便秘によって頭痛・胃痛・胃もたれを起こす場合もあり、お腹は痛くないものの、便が出ずこれらの症状が起きている場合は便秘になります。

便秘の種類

便秘はいくつかの種類に分けられます。大きく分けると3つ。1.直腸性便秘、2.弛緩性便秘、3.けいれん性便秘です。直腸性便秘は、便意を我慢することで起こりやすく、直腸に便が溜まることで起こるといわれています。便は硬いので、不溶性食物繊維を摂ると逆効果。水溶性食物繊維と水分をしっかり摂ることで便を柔らかくし量を増やしスムーズに排便できるようになります。

弛緩性便秘は、蠕動運動が低下していることで起こります。運動不足の人はこのタイプの便秘が多く、お腹が張る・食欲が落ちる・便意を感じにくいなどの症状があるでしょう。

けいれん性便秘は、大腸が緊張し痙攣していることで起こります。若年層に多く、腹痛を伴うのが特徴です。ストレスを感じやすい人は、このタイプの便秘になりやすいといわれています。

どうすれば解消される?

まず、自身の便秘の状態を知りましょう。直腸性便秘なのに不溶性食物繊維を摂っても改善はしませんし、弛緩性便秘なのに運動をせずにいれば便秘は解消されません。

自身がどのタイプの便秘であるか理解すると、自然と便秘は解消されるようになります。食事内容に気をつけ、適度な運動を心掛け、サプリメントなども効果的でしょう。サプリメントなら、黒酢にんにくがおすすめ。黒酢とにんにくのパワーで、頑固な便秘も解消してくれます。

便秘に即効性のある改善法

食事を見直そう

便秘の原因はさまざまですが、不規則な食事も便秘に関係しています。そのため、食事を見直すことで比較早い段階で便秘を解消することができます。

便秘解消に効果的な食べ物は、乳酸菌、ビフィズス菌、食物繊維、オリゴ糖など。これらと併用して、水分を摂取することで腸の調子を整え、排便をスムーズにしてくれます。

乳酸菌やビフィズス菌は便秘解消で定番の食べ物ですが、これらは善玉菌の一種で、腸を刺激し蠕動運動を活発にする働きがあります。またビフィズス菌にはビタミンB群や葉酸が豊富。そして、これらの働きを助けるのが乳酸菌になります。食物繊維は不溶性と水溶性に分けられ、便秘の状態によって効果がある場合とそうでない場合があります。オリゴ糖は、善玉菌のエサになり、カロリーも低いことからダイエット中にもおすすめです。

運動を取り入れよう

もちろん、運動不足でも便秘になります。ですから、すぐに便秘を解消したい方は、適度な運動を取り入れると良いでしょう。ひと口に運動といってもさまざまですが、ストレッチや体操などでもOK。

おすすめの運動は、つま先立ちと肛門括約筋を刺激する運動です。つま先立ちをすることで便秘を解消するだけでなく、血行促進、基礎代謝の向上などが期待できます。肛門括約筋は、特に直腸性便秘に効果があり、肛門括約筋を刺激することで排便が促され便秘が解消されるといわれています。

やり方は、壁やいすの背もたれに手を添え、かかとを浮かせてしゃがみます。右膝をおろし左腰をひねり、反対側も同様に行います。

サプリメントを試そう

食生活の改善と適度な運動にプラスし、サプリメントもおすすめです。最終手段として便秘薬もありますが、なるべく薬は使いたくないという方は、サプリメントでしっかり便秘を解消することができます。おすすめは、”黒酢にんにく”。黒酢は黒酢もろみを使用しており、にんにくも豊富に含まれているものがベスト。酢酸やにんにくの殺菌作用で、頑固な便秘も解消してくれます。

便秘に効果のある食べ物

食物繊維はバランス良く

食物繊維は便秘解消に良いといわれていますが、ただ食物繊維を摂るだけでは残念ながら便秘は解消されません。というのも、食物繊維には2種類存在し、便秘の種類によって使い分ける必要があるからです。

2種類の食物繊維とは、『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』。水溶性食物繊維は、水に溶ける食物繊維のことで、固くなった便に効果があります。食べ物でいうと、寒天や果物、納豆、アボカドなど。きのこ類や海藻類も水溶性食物繊維に含まれます。一方で不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維です。便のかさを増やして排便を促すので、どちらかというと軟便に効果があります。

このように、片方の食物繊維だけ摂っても効果は少なく、2種類をバランス良く摂ることが便秘解消に繋がるというわけです。

本当に便秘に効果のある食べ物とは

まず、プルーンです。不溶性と水溶性の食物繊維をバランス良く持っており、さらに大腸の水分吸収を抑えるソルビトールと呼ばれる成分も含まれています。また便秘薬に用いられる糖類下剤でもあります。

次にバナナです。バナナといえば食物繊維が豊富なことで知られていますが、オリゴ糖も多く含み、悪玉菌を抑制します。他にも、りんご・乳酸菌・発酵食品・オリーブオイルも便秘解消に効果のある食べ物として有名です。

好き嫌いが多く、なかなか食事で便秘を解消できないという方は、黒酢にんにくなどのサプリメントもおすすめ。黒酢には善玉菌を補給する役割があり、にんにくは水溶性食物繊維が豊富です。それぞれを摂取するのも良いですが、癖があるのでサプリメントのほうが摂りやすいでしょう。

食事の順番も大事

食事を見直したら、食事の順番も意識しましょう。ポイントは、『出す』『入れる』。まずデトックスウォーターで腸内を綺麗にし、余分なものを排出します。デトックスウォーターはいろんな種類がありますが、おすすめは冷水・ヒマラヤ岩塩・レモン果汁。さっぱりした塩レモン水は、食事前に飲み干します。

入れるでは、”生の食材””食物繊維””醗酵食品”をたっぷり摂りましょう。

黒酢とにんにくを使った便秘解消レシピ3選

黒酢を使った肉団子

料理家ケンタロウさんのレシピで、黒酢を使ったシンプルで簡単な肉団子です。豚の挽肉のみを使って作るので、忙しいときでもササッと作ることができるでしょう。

材料は、豚挽き肉500g、薄力粉大さじ1、塩小さじ1/2、黒こしょう適量、片栗粉適量、黒酢1/2カップ、砂糖大さじ2、オイスターソース大さじ2。

作り方は、ボウルに挽き肉と薄力粉、塩、黒こしょうを入れ、しっかり混ぜます。粘りが出たら団子状にし、片栗粉をまぶします。160度の揚げ油(中火)で揚げたら、混ぜた調味料をフライパンで絡めたら完成です。タレと絡めるときは、強火でサッと行いましょう。

豚の黒酢生姜焼き

通常の豚の生姜焼きを黒酢で作ります。材料は、豚肉200g、玉ねぎ1/2個、しめじ1/2パック、おろし生姜大さじ1、黒酢・砂糖・酒・みりん・しょう油各大さじ。

豚肉は食べやすい大きさに切り、玉ねぎは串切りにします。しめじは手でほぐし、調味料は混ぜておきます。フライパンを熱し、豚肉の片面を焼いたら、生姜・玉ねぎ・しめじを加えサッと炒めます。そこに混ぜた調味料を加え、強火で混ぜます。タレにとろみが出たら完成です。

黒酢の効果で、あっさり食べることができます。千切りキャベツと合わせて食べると、さらに便秘解消効果が期待できるでしょう。

にんにくのホイル焼き

にんにくを丸ごと使うレシピです。頑固な便秘も、生のにんにくですっきり解消できるでしょう。

材料は、にんにく一房、オリーブオイル適量、塩少々。にんにくは薄皮をむき、半分に切ります。皿にのせ、電子レンジで約1分加熱したら、器のようにしたアルミホイルに入れ、にんにくが浸るまでオリーブオイルを入れます。オリーブオイルがない場合は、ごま油でもOK。オーブントースターで約8分加熱したら完成です。

黒酢の酸味やにんにくのニオイが苦手な方もいるでしょう。そんなときは、黒酢とにんにくを使ったサプリメントがおすすめです。水でサッと飲むだけなので、酸味もニオイも心配ありません。

便秘の種類と原因について

機能性便秘

機能性便秘とは、消化器官が弱っていることで起こる便秘です。急性便秘と慢性便秘に分けられ、前者は蠕動運動が鈍ることで起こります。一時的な場合が多いため、比較的すぐに便秘は解消しますが、そのままにしておくと慢性便秘になる恐れがあるといわれています。

急性便秘の原因は、食物繊維が少ない食事や、水分が少ない、精神的ストレス、寝たきりの状態などが挙げられます。また極端なダイエットでも急性便秘になりやすいでしょう。慢性便秘は、数日間便が出ない状態を指します。原因は大きく3つに分けられます。

1.弛緩性便秘:蠕動運動と筋力が低下することで起こります。2.けいれん性便秘:ストレスや自律神経が乱れることで起こり、下痢と便秘を繰り返すのが特徴です。3.直腸性便秘:便が直腸まで届いているけれど、排便が起こらない状態を指します。便意を我慢しすぎていると起こりやすいので注意が必要です。

器質性便秘

器質性便秘は、大腸の疾患により起こる便秘です。そのため、一般的な便秘とは少々異なります。大腸の疾患とは、腸の潰瘍や炎症など。また先天的に腸過長症だった場合も、このタイプの便秘になりやすいといわれています。器質性便秘は、原因を改善することで、比較的便秘は解消されます。ただ先天性の場合は、今後も便秘と付き合っていかなければいけません。

どうすれば改善する?

機能性便秘の場合、急性であればすぐに改善しますが、慢性の場合、少し時間がかかります。弛緩性便秘なら、適度な運動やたっぷりの水分で改善されやすく、けいれん性便秘ならストレスを軽減し、自律神経を整えてあげることで解消するといわれています。直腸性便秘は、便意を感じたらすぐにトイレへ行きましょう。また生活習慣の改善や適度な運動なども欠かせません。

これらの便秘解消に効果があるのが黒酢にんにくです。どんな頑固な便秘も、黒酢とにんにくのパワーでしっかり排便できるでしょう。ただし器質性便秘の場合、黒酢にんにくよりも疾患を改善することのほうが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です