黒酢にんにくがアンチエイジングに効果があるってホント?

黒酢にんにくがアンチエイジングに効果があるってホント?

黒酢にんにくって何?

黒酢にんにくは、その名のとおり黒酢とにんにくを合わせたものをいいます。近年はサプリメントとして販売されていることが多いですが、自分で作ることもでき、さまざまな摂り方があります。

黒酢にんにくはアンチエイジングの効果があるといわれていますが、それ以外にも血圧の低下や便秘解消、ダイエットなど健康全般の効果が期待できます。なぜここまでいろんな効果が期待できるのかというと、黒酢とにんにくに含まれている成分が大きく関係しています。

黒酢には、豊富なアミノ酸が含まれており、それぞれのアミノ酸がアンチエイジングをはじめ健康に働きかけてくれます。たとえば、ロイシン・イソロイシン・バリン。この3つは”分岐鎖アミノ酸”と呼ばれ、筋肉を作り出します。別名BCAAとも呼ばれており、プロテインなど筋肉用サプリメントを飲んでいる方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

アンチエイジングなら、にんにくに含まれているアリシンと呼ばれる有効成分が、活性酸素を取り除き肌を内側から綺麗にしてくれます。黒酢にんにくには、そんな黒酢とにんにくそれぞれのパワーが豊富なのです。

どんなアンチエイジング効果がある?

ひと口にアンチエイジングといってもさまざまです。ひと言でいうと、”老化を抑える””老化を防ぐ”ことですが、たとえばシミやしわを作らない、肌にハリを与えるなどが代表的。年を取ると、肌に弾力がなくなりシミやしわが目立つようになります。しかしアンチエイジングができていれば、いつまでもハリとツヤがあり、若々しくいられるでしょう。

黒酢にんにくを摂取して一番分かりやすいのが『ターンオーバーの促進』です。ターンオーバーが正常に行われていると、古くなった細胞がスムーズに流れます。代謝も滞らないので、血液の流れも活発になりますし、酸素や栄養素もスムーズに運んでくれるようになります。

黒酢にんにくがアンチエイジングもとい美肌に良いといわれているのはこのためです。

どのように摂取すれば良い?

一番手軽に摂取できるのは、サプリメントになります。1日に決まった量を水でサッと摂るだけで良いので、簡単。食事で摂るとなると毎日続けるのは大変ですし、何より黒酢の酸味やにんにくのニオイを気にしてなかなか摂ることができません。しかしサプリメントならそんな心配がないので、毎日無理なく続けることができます。

ひと口にサプリメントといってもいろんな商品がありますが、人気が高いのは『三黒の美酢』や『サントリー黒酢にんにく』。どちらも国産の黒酢もろみとにんにくを使用しており、安心して摂取できます。また、黒酢の中でももっとも美肌効果や健康効果が高いといわれている黒酢もろみを使用しているので、品質も良く、信頼できます。

・三黒の美酢

1リットルの黒酢から、わずか10gしかとれない希少な黒酢もろみを使用しています。そのため、栄養素も他の黒酢もろみより高く、10倍以上。オーガニックということで、安全性も高いでしょう。またにんにくも、しっかり熟成させた黒にんにくを使用。さらに有精卵黄油も使用しているので、満足できる商品です。

・サントリー黒酢にんにく

手軽に購入でき、黒酢も老舗ブランドである『坂元醸造』のものを使用しているので、非常に贅沢。そのうえ、希少な黒酢もろみを使用していますから、高い効果が期待できるでしょう。にんにくは、福地ホワイト六片を。価格もお手頃なので、はじめての方でも安心です。

サプリメントだけではダメ?

とはいえ、黒酢にんにくサプリメントだけに頼るのはNGです。サプリメントの効果を高めるなら、生活習慣の改善も大切。バランスの良い食生活や、良質な睡眠、適度な運動を心掛けるようにしましょう。

食事なら、『孫子は優しいよ(まごこはやさしいよ)』を意識して。ま:豆類、ご:ごま、こ:米(玄米)、は:わかめ(海藻類)、や:野菜、さ:魚、し:しいたけ(きのこ類)、い:いも類、よ:ヨーグルト(発酵食品)になります。

黒酢にんにくがアンチエイジングに良い理由

黒酢に含まれる美肌成分

黒酢にんにくがアンチエイジングに良いといわれている理由は、黒酢に含まれている美肌成分が関係しています。セリン、シスチン、グリシン、スレオニン、ヒスチジンの5つの成分は、ハリとツヤのある若々しい肌を作り、シミ、しわを防ぎます。

それぞれどんな美肌効果が期待できるのかというと、セリンは肌の水分を保ち、ウイルスや異物から肌を守ります。シスチンはアミノ酸の一種で、メラニン生成によってできたシミを消す働きがあり、グリシンは皮膚のコラーゲンを生成します。シスチン同様アミノ酸で、肌にハリを与える効果があります。スレオニンは、天然保湿成分。ウイルスや細菌などから肌を守り、水分が逃げないように保持します。そして、ヒスチジンは紫外線によるダメージを軽減させる効果があります。そのため、皮膚がんを防ぐ働きもあり、またストレスを緩和するともいわれています。

にんにくに含まれる美肌成分

にんにくには、アリシンと呼ばれる有効成分が含まれています。このアリシンは、高い抗酸化作用を持ち、肌の老化を防いでくれます。アンチエイジングにとって、活性酸素は大敵。もちろん、アンチエイジングに限らず活性酸素はさまざまな不調を引き起こします。ですから、積極的にアリシンを摂取することでいつまでも若々しく健康で美しい肌・体を維持できるというわけです。

黒酢にんにくはどのように摂ればいい?

一番手っ取り早いのがサプリメントです。黒酢とにんにくの良い成分をギュッと凝縮したサプリメントは、一日に必要な成分をバランス良く摂ることができるので、効率良く各美肌成分を体内に取り込むことができます。

サプリメント以外では、黒酢とにんにくをそれぞれ摂る方法や手作り黒酢にんにくなどがあります。黒酢にんにくは、黒酢とにんにくがあれば誰でも簡単に作ることができます。最低でも約2週間漬け込むこと。手作りの黒酢にんにくなら、市販より安全性が高いので、添加物が気になる方は自分で作ってみてください。

どんなアンチエイジング効果があるのか

シミを改善

黒酢にんにくには、高いアンチエイジング効果があるといわれています。それは、黒酢にんにくに含まれている成分が関係しており、特に黒酢には美肌成分がたっぷり。特に目立つのがアミノ酸ですが、豊富な美肌成分が血流を改善し、肌の新陳代謝を高めてくれます。そのため、肌を内側から綺麗にすることができるのでしょう。

肌の新陳代謝が高まると、溜まった老廃物をスムーズに外へと排出するので、メラニンが生成されにくくなります。特にできたばかりのシミであれば、黒酢にんにくでしっかり改善することができるのでしょう。時間が経ったシミは改善まで時間がかかりますが、継続して摂取することで次第に薄くなっていきます。

ちなみに、黒酢に含まれているクエン酸や酢酸が、シミの原因になるメラニン生成を抑える働きがあります。肌の乳酸を分解し、血行の流れを良くすることで余分なものを外へ排出してくれるのです。

うるおいを与える

次にうるおいです。うるおい成分が多いのは、にんにくより黒酢に多く、黒酢に含まれているセリンやスレオニンなどが肌の水分を保ち、内側からうるおいを作り出してくれます。

うるおいのある肌とは、肌の水分量が多いことをいいます。うるおいは年齢とともに失われますが、黒酢にんにくを摂取していれば、いつまでもハリとうるおいのある肌を維持することができるでしょう。

たるみを防ぐ

黒酢にんにくには、活性酸素の促進を抑える働きがあります。そのため、たるみを防ぐ効果も期待でき、いつまでもハリのある肌を維持することができます。

特に黒酢のヒスチジンやにんにくのアリシンに抗酸化作用が期待できます。これらの成分は紫外線による刺激から肌を守り、ウイルスや細菌を寄せつけません。さらに、ストレスの軽減にも役立ち、いつでも体を良い状態に保ってくれます。

黒酢にんにくはサプリメントで摂るのが手軽ですが、黒酢とにんにくを料理に使ってもOK。毎日続けることが大切です。

自家製黒酢にんにくを作ろう

自家製黒酢にんにくが良い理由

手作りのものは、安心して摂ることができます。黒酢にんにくも、手間暇かけて作ったほうが、余分な添加物も入っていないので体に優しいでしょう。また、自家製の場合、”素材が良い”というメリットがあります。もちろん、市販のように厳選したさまざまな素材が含まれているということはありませんが、それでも自然なものを使っているので安全性は高いといえます。

栄養面は市販とそれほど変わりませんが、加工されたものが苦手という方は、一度自家製の黒酢とにんにくを作ってみてはいかがでしょうか。作り方もとても簡単です。

材料と作り方

まず、必要なものを用意します。にんにく・黒酢・密閉容器でOK。黒酢は、もろみ黒酢がおすすめですが、純玄米黒酢やお好みの黒酢で十分です。容器はアルコール消毒をしておくこと。黒酢とにんにくの量ですが、にんにく1房に対し200mlの黒酢になります。あくまで目安なので、多少変動しても問題ありません。

たとえば、にんにくを2房使う場合、黒酢は400ml程度。5房使う場合は、1,000ml程度を用意します。容器は、これらが入るものを選んでください。ぬか漬けや梅干しなどを作る容器であればOK。

にんにくを小分けにしたら、黒酢と一緒に容器に入れます。しっかり密閉したら、直射日光の当たらない場所で約1カ月保管しましょう。にんにくが黄金色になれば完成です。様子を見ながら保管してください。

酸味とニオイが気になる場合

ただ、黒酢にんにくは手作りの場合、市販のものより酸味やニオイが気になります。漬け込むことで、強いニオイは抑えられますが、それでも酸味やニオイが一切なくなるわけではありません。

では、どうすれば酸味やニオイを感じずに黒酢にんにくを摂取できるのでしょうか?そこでおすすめしたいのがサプリメントです。いろんなタイプがありますが、生の黒酢にんにくより酸味やニオイは感じにくいでしょう。

アンチエイジングにおすすめなサプリ3選

くろす美人丸

アンチエイジングに役立つくろす美人丸。にんにくは含まれていませんが、美肌効果のある黒酢が豊富に含まれており、その他生姜や唐辛子で体の中からポカポカ温め血行を促進してくれます。女性の悩みで特に多いのが、冷え性です。くろす美人丸に含まれている黒酢は、血行促進や代謝促進の効果があり、先にも述べたように唐辛子効果で全身を十分温めてくれます。

また、くろす美人丸には栄養機能食品も豊富に含まれています。栄養機能食品とは、ビタミンやミネラルのこと。食事で1日に必要な成分を意味しますが、アンチエイジングにも欠かせません。さらに、アンチエイジングでもっとも重要といわれている抗酸化物質アスタキサンチンも配合され、老化から肌を守ってくれます。

サントリー黒酢にんにく

黒酢とにんにくをWで摂取できるサントリー黒酢にんにく。黒酢ももろみ黒酢を使用しているので、高い効果が期待できます。また黒酢もにんにくも国産なので安心。1日たった2粒で良いので、煩わしさもありません。

黒酢には、必須アミノ酸や酢酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれていることで知られていますが、にんにくには水溶性食物繊維やミネラル、たんぱく質などが豊富です。これらをバランス良く摂取できるのは、サントリー黒酢にんにくだからでしょう。

体の中から健康にすることで、ハリとうるおいのある綺麗な肌を手に入れることができます。

三黒の美酢

こちらのサプリメントも、黒酢とにんにくが同時に摂取できるサプリメントです。黒酢はやはりもろみ黒酢を使用し、にんにくは完熟された黒にんにく。有精卵黄油の3つのパワーで、毎日元気に過ごすことができます。もちろん、体の中から健康になれるので、美肌効果も期待できます。

完熟発酵の黒にんにくには、アミノ酸だけでなくポリフェノールやアルギニンなども豊富。通常のにんにくよりもこれらの量が多いので、しっかり効果を実感することができるのでしょう。

アンチエイジングと生活習慣

適度な運動を取り入れよう

アンチエイジングには、普段の生活習慣も大きく関係してきます。黒酢サプリメントを摂るだけでなく、一度自分の生活習慣を見直してみてください。

まず、適度な運動を心がけましょう。運動不足になると、栄養がきちんと消化されないだけでなく、代謝も悪くなります。またどんなに栄養価の高い食べ物を摂取しても、しっかり効果が発揮されないといわれています。ですから、アンチエイジングには必ず適度な運動を取り入れるようにしてください。

適度な運動といっても分かりにくいかもしれませんが、ウォーキングやストレッチなどが挙げられます。ウォーキングは有酸素運動でもあり、効率良く脂肪を燃焼。代謝を高めることができます。また運動が苦手な人でも続けやすいというメリットがあります。

美肌に良い睡眠とは

アンチエイジングには、”質の良い睡眠”も大事。何もたくさん寝たら良いというわけではありません。大切なのは、どれだけ質が良いか。これがアンチエイジングには欠かせません。

睡眠時間は、7時間程度といわれていますが、あくまで目安です。個々の体内リズムに合わせた睡眠時間を取ることが重要なので、なかには5~6時間でも十分質の良い睡眠が取れている場合もあります。ただ数時間でも良いとはいえ、夜更しはNG。朝方に寝て昼に起きても、質の良い睡眠とはいえません。

また心地良く眠れるように、睡眠前にリラックスすることも大切です。音楽を聴く、ストレッチをする、アロマを焚くなど、自分に合ったリラックス法を見つけてみてください。

規則正しい食生活を

アンチエイジングは、食生活からも可能です。むしろ食べ物を体内に取り込むということは、直接的に肌に関係してきます。不規則な生活を送っていれば、当然肌に良い影響は与えないでしょう。

もちろん、ただ食事をすれば良いというわけではありません。”アンチエイジングに良い”のがポイント。いろんな食材がありますが、おすすめは黒酢・にんにく・キャベツ・大豆(大豆加工食品)・りんごなどです。

アンチエイジングが期待できる食材

黒酢

黒酢にんにくがアンチエイジングに良いといわれているのですから、当然黒酢は美肌効果抜群です。でもなぜ、黒酢がアンチエイジングに良いといわれているのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

1つ目は、『メラノイジン』と呼ばれる成分です。この成分には強い抗酸化作用があり、活性酸素によって受けたダメージを、再生し若々しくする働きがあります。また、体の中から綺麗にすることから、血管を若返らせ、血液をサラサラにする効果も期待できます。

黒酢はいろんな種類がありますが、おすすめはもろみ黒酢。黒酢を作るときにできる沈殿物で、原料は100%玄米と麹。他の黒酢でも良いですが、より高いアンチエイジングを実感したい方はもろみ黒酢を試してみてください。

2つ目は、『クエン酸』です。クエン酸と酢酸は、黒酢の主成分になり、酸性物質を減らす働きがあります。肌は、酸性になると老化するといわれています。それをクエン酸や酢酸で取り除くことで、若々しい肌を作り出すことができます。

にんにく・生姜

にんにくや生姜といったニオイの強い食材は、アンチエイジングに役立つといわれています。なぜかというと、”アリシン”と呼ばれる抗酸化作用のある成分が豊富に含まれているからです。ニオイの強い食材には、基本的にアリシンが含まれているため、にんにくや生姜以外にも、ネギやセロリなどにも多く含んでいます。

にんにくはすりおろすことでより酵素が増えますから、アンチエイジングにぴったり。新陳代謝を高め、血液も綺麗にしてくれるでしょう。そのため、冷え性改善にもおすすめです。なるべくは生のにんにくが良いですが、苦手な方は調理してもかまいません。生姜は、すりおろして紅茶や味噌汁に入れると摂りやすいでしょう。

大豆(大豆加工食品)

大豆といえば、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンが含まれていることで知られています。そのため、アンチエイジングには欠かせません。あっさりしているので、ダイエット中の方でも食べやすく、調理しやすいのでおすすめ。肌の衰えを感じる前に、大豆でヒアルロン酸やコラーゲンを生成させましょう。

アンチエイジングレシピで美味しく綺麗になろう

黒酢を使った照り焼き

鶏もも肉とサラダ油、黒酢を用意します。黒酢はどんなものでも良いですが、調理に適したものがおすすめ。ミツカンのカンタン黒酢なら、手軽に黒酢料理を作ることができます。

鶏肉の余分な脂を取り、フォークで穴を開けます。油を熱したフライパンに、鶏肉の皮から焼きます。きつね色になったら反対側もじっくり焼きましょう。1分程焼いたら、余分な油を取り除き黒酢を加えます。沸騰したら中火にし、5分程加熱します。2~3回裏返し、タレにとろみが出てきたら完成です。

鶏肉と黒酢で簡単にできる照り焼き。他の黒酢を使う場合は、味を調整してみてください。カンタン黒酢なら1本で作ることができます。

にんにくを丸ごと使う

にんにくを丸々使ったレシピはたくさんあります。ホイル焼きや揚げにんにく、肉巻きなどいろんな調理法があり、飽きずに続けることができます。

今回紹介するのは、にんにくを丸ごと使った肉巻きです。用意するのは、豚バラ肉・にんにく・昆布つゆのみ。昆布つゆに豚肉を漬け、にんにく1片に漬けた豚肉をぐるぐると巻いていきます。油を熱したフライパンに、肉巻きにんにくを入れ、弱火で蒸し焼きにして完成です。

豚肉に含まれている栄養とにんにくのパワーで、美味しく食べながらアンチエイジングできます。

大豆水煮を使った甘辛煮

大豆水煮・こんにゃく、調味料は醤油・砂糖・みりん・水を用意します。こんにゃくは角切りにし、熱湯で灰汁を取っておきましょう。調味料を鍋に入れ、煮立ったら大豆とこんにゃくをれます。中~弱火で煮汁がなくなるまで煮込んだら完成です。

たっぷり大豆を摂取できるので、美肌効果抜群。ゴロゴロの大豆に弾力のあるこんにゃくとの相性は良く、にんじんをプラスしても良いでしょう。

毎日の食事で、ぜひ体の中から綺麗を目指してみてください。なかなかバランスの良い食事ができないという方は、サプリメントでもOK。黒酢にんにくサプリなら、黒酢とにんにくをWで摂取できるのでおすすめです。

黒酢にんにくサプリを効果的に飲む方法

飲むタイミングは決まっている?

黒酢にんにくサプリメントのパッケージを見てみると、『1日2~3粒』と書かれているだけで、具体的な飲み方は記載されていません。そのため、『どのタイミングで飲んだらいいの?』と疑問に感じている方は少なくないでしょう。

結論からいいますと、黒酢にんにくサプリメントはいつ飲んでもOKです。そもそも、サプリメントのような健康補助食品は、1日に目安量摂ることができれば問題ありません。ですから、あまり深く考えて飲む必要はありません。しかし、”このタイミングで飲むとより効果的”という飲み方はあります。

黒酢にんにくサプリメントの場合、”食中””食後”がおすすめ。というのも、黒酢にんにくは消化吸収を高めることが重要になるからです。また酢とにんにくを使用しているので、空腹時、いわゆる食前に飲んでしまうとお腹を壊してしまう恐れがあります。ですから、できれば食中または食後に飲むと良いでしょう。

サプリを飲むときの注意点

サプリメントを飲むタイミングは特別決まっていませんが、”水で飲む”ことは重視しなければいけません。これは黒酢にんにくサプリメントに限ったことではなく、サプリメント全般にいえます。それは、黒酢にんにくの効果を抑えてしまう恐れがあるからです。サプリメントの中にはオレンジジュースなどのフルーツジュースで飲んでも良いものがありますが、黒酢にんにくサプリメントに限っては必ず水で飲まなければいけません。

また、毎日継続して飲むことも大切です。効果が出るのは個人差がありますが、毎日飲むことで実感できるでしょう。

生活習慣も意識しよう

もちろん、サプリメントだけでなく、毎日の生活を良質なものに改善することも重要です。どんなにサプリメントを摂っていても、不規則な生活を送っていては意味がありません。

適度な運動を心掛け、質の良い睡眠、規則正しい食生活を意識しましょう。そうすることでよりサプリメントの効果を高めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です